メカニカルキーボード

DIY

メカニカルキーボードのDM200を作る⑤

前回の記事でメカニカルキーボードのDM200のケースを設計したので、今回はそれを実際に作成します。 3DCADのFusion360でモデリングした寸法を元に、ケースの材料となるアクリル板を切り出します。 自分では寸法通り綺麗に切られるか怪しかったので、アクリル板のカット販売をしている業者さんに発注しました。 切り出して頂いたのが上のアクリル板です。 寸法通り正確に切り出されていて、切り口も綺麗でし […]

DIY

メカニカルキーボードのDM200を作る④

前回の記事でメカニカルキーボードのポメラDM200の内部が完成したので、今回はそれを入れるケースを考えます。 ケースに収めるのは、上の写真の、液晶パネルとポメラのメイン基板、バッテリー、そしてメカニカルキーボードの部分です。 メイン基板とバッテリーは鉄の強固なフレームに留められているので、そのフレームはそのまま流用します。 今ならケースを作るのに3Dプリンターなどを使うのでしょうが、19㎜ピッチの […]

DIY

メカニカルキーボードのDM200を作る②

 前回の記事に書いたように、研究用にオークションで落札したジャンクのポメラDM200の液晶パネルを交換して使えるようになったので、これをベースにメカニカルキーボードのDM200を作ります。  DM20を「メカポメラ」にしたときと同じように、メンブレンキーボードのシートの接点と配線を調べて、それをメカニカルキーに置き換えていきます。  「メカポメラ」を作る際には、最初に調べたDM5の配線がDM20の […]

DIY

メカニカルキーボードのDM200を作る①

以前、ポメラDM20のキーボードをメカニカルキーボードに改造した「メカポメラ」を作りましたが、それは毎日便利に使っています。 外に持ち運ぶことを考えていないので大きくはなりましたが、やはり、19㎜ピッチのメカニカルキーの打ち心地が良く、筆も進みます。 「メカポメラ」には満足しているのですが、しかし、これを使うにつれ、ポメラDM200にメカニカルキーボードが付いていたら、などという想いが浮かんできま […]

Freewriteをしばらく使ってみての感想

FreewriteはAstrohausが販売している文章作成専用機です。 文章作成専用機といえば、日本ではキングジムのポメラが有名で、私も初代のDM10を使ったことがありますが、このFreewriteの特徴は、電子ペーパーディスプレイを搭載していることと、そしてなんといっても、Cherry MXのメカニカルキースイッチを採用していることです(茶軸が使われています)。 畳んで半分になるポメラのキーボ […]