DIY

Cherry MX用のキーキャップをHHKB(東プレ軸)につけてみる②

以前、Massdropで買ったCherry MX用のキーキャップを、静電容量無接点方式の東プレ軸であるHHKB(Happy Hacking Keyborad)につける記事を書きました。 その記事では、Escapeキー一つだけの交換でしたが、今回は全てのキーを交換してみようと思います。 今回交換するのは、英語配列モデルではなくて、Professional JPの日本語配列モデルの方です。 アダプター […]

DIY

メカポメラにWi-Fi機能を追加しました

ポメラDM20のキーボードをメンブレンキーボードからメカニカルキーボードに換装した「メカポメラ」は、その後、便利に使っています。 やはり、すぐに立ち上がって書き始めることが出来るポメラのレスポンスの良さは他に代えがたいですし、メカニカルキーボードの打ち心地も最高です。 「メカポメラ」を作ったことによって、同じメカニカルキーボードの文字打ち専用機、Freewriteの出番がめっきり少なくなってしまい […]

スケルトンモデルのポメラ DM200X レビュー

デジタルメモのポメラ、10周年のキャンペーンとして、ポメラDM200のスケルトンモデル「DM200X」が10名に当たる企画があったのですが、それに当選して、キングジムさんからDM200Xを頂いたので、紹介します。 このキャンペーンは、2018年11月20日から12月18日まで応募可能だった、「POMERA 10TH ANNIVERSARY キャンペーン」で、スケルトンモデルのポメラ「DM200X」 […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る⑧

ポメラとキーボードのパーツを組み合わせて、うまく合体出来たので、一度分解して塗装します。 まず、ディスプレイと、そこから出ているフラットケーブル、トルクヒンジの金具をマスキングしました。 ディスプレイが汚れたら大変なので厳重にマスキングします。 マスキングしたあとは、各パーツをエタノールで脱脂しました。 パーツに持ち手の割り箸を両面テープで張り付けます。 まずは下地にスプレー缶のプライマー入りサフ […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る⑦

DM5で分析したキーボードがDM20でも使えることが分かったので、DM20でメカニカルキーボードのポメラ作りを続けます。 ポメラからキーボードを取り除いた部分と、メカニカルキーボード「BLACK PAWN」を合体させます。 どうやって合体させようか考えていたところ、BLACK PAWNのケースの形で気付いた点がありました。 BLACK PAWNは、普通のキーボードに付いているような高さを調節する足 […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る⑥

前回、キーボードの配線を終えたところで、ネットオークションでポメラDM20を格安で落札出来たので、それが使えるか確かめてみます。 落札したDM20がこちらです。 ポメラDM20のリザードブラック。 天板に剥げている部分があって、一目で程度がよくないと分かります。 畳んでありますが、きっちりと最後まで閉まりませんでした。 キーボードを開いてみると、真ん中が割れて浮いています。 そのせいか、いくつかの […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る⑤

オークションで落札したメカニカルキーボード「BLACK PAWN」を分解して、材料が揃ったので、今回はその配線をします。 キースイッチをフレームに元通りに並べて、後ろから接着剤のスーパーXで接着しました。 乾くのを待って裏返し、「メカニカルキーボードのポメラを作る②」の記事で作ったGIMPの配線図を元に、レイヤーを切り替えて一本ずつ確かめながら配線をします。 キースイッチからは2本の端子が出ている […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る④

前回までの記事で、ポメラのキーボードソケットから配線を引き出す方法が分かったので、これから実際にそれを配線するためのキーボードを選びます。 キーボードを自作する際のように1から部品を揃えるよりも安上がりに済むと思ったので、既にあるキーボードを分解してそこに配線することにしました。 それでは、実際にどのキーボードを使うか選びます。 ポメラのキーボードは日本語配列なので、使うキーボードも日本語配列を選 […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る③

前回、ポメラのメンブレンキーボードを分解して、その配線が分かったので、実際にそれをメカニカルキーボードに作り替える方法を考えてみます。 単純に、メンブレンキーボードの接点だった部分をCherry MXのキースイッチに、導電性のインクの配線を導線に置き換えればいいのではないかと考え、試してみました。 まず、基板側のキーボードの入り口は1㎜ピッチ28ピンのフラットケーブルなので、手元にあった1㎜ピッチ […]

DIY

メカニカルキーボードのポメラを作る②

前回の記事で、ポメラDM5を分解し、メンブレンキーボードの配線部分を取り出しました。 今回は、その配線がどうなっているのか、確かめてみたいと思います。 上の写真のように、配線と接点は導電性のインクで透明なシートの上に印刷されているのですが、同じように導電性のインクで網目のような模様が裏側の面に印刷されていて、配線が見にくくなっています。 これはおそらく、ノイズを拾わないようにする目的で付けられた模 […]

1 4