レビュー

Freewriteをしばらく使ってみての感想

FreewriteはAstrohausが販売している文章作成専用機です。 文章作成専用機といえば、日本ではキングジムのポメラが有名で、私も初代のDM10を使ったことがありますが、このFreewriteの特徴は、電子ペーパーディスプレイを搭載していることと、そしてなんといっても、Cherry MXのメカニカルキースイッチを採用していることです(茶軸が使われています)。 畳んで半分になるポメラのキーボ […]

Massdropで注文したキーキャップが届きました

先日、共同購入サイトのMassdropで注文していたキーキャップが届きました。 Mini Iceland Wood & Resin Artisan KeycapsというキーキャップのValleyというタイプのものです。 Massdropからは3月28日に発送というメールが来て、届いたのが4月9日でした。 DHLでアメリカからフランクフルトを経由しての発送です。 注文の際の発送予定が4月8日 […]

Massdropでキーキャップを買ってみる

当ブログでは、究極のキーボードを求めてキーボードのカスタマイズしていますが、カスタマイズの素材を探していると、海外のネット通販サイトでめぼしい商品を見付けることがあります。 日本国内では手に入らない多種多様なキーキャップやフレームなどが売られているのを見ます。 海外ではキーボードの自作やカスタマイズが盛んに行われているので、需要も多いのでしょう。   そのようなサイトは見ているだけでも楽しいのです […]

HHKBの銀のキートップが届きました

HHKB 銀のキートップ PFUの新春初売り特売で限定30セットで販売されていたHappy Hacking Keyboard(HHKB)用の銀のキートップが届きました。 この初売りでは、他に漆のキートップが5セット限定、金のキートップが15セット限定で販売されていたのですが、「Esc」と「Power」の刻印がある銀のセットを狙っていました。 新年早々、手に入れることが出来てラッキーでした。 キート […]

HHKBのキーキャップを交換する

キーキャップの交換 Happy Hacking Keyboard(HHKB)はキーキャップ(キートップ)が売られているので英語配列モデルも日本語配列モデルも、墨モデルも白モデルも、キーキャップを変えることができます。 私のHHKB英語配列モデルは、元々墨の無刻印モデルだったものを、刻印ありで白のキーキャップに交換しています。 刻印ありに変えたのは、デザインのカッコ良さに憧れて無刻印モデルを選んだも […]